Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ディアブロ3」関連ファイル偽装して感染、金銭要求するマルウェア

人気ゲーム「ディアブロ3」の関連ファイルを装って感染し、ユーザーに金銭を要求するトロイの木馬「GVU Trojan」が発生している。

パソコン内部のデータを利用できなくし、ユーザーに金銭を支払うよう脅す「ランサムウェア」を、韓国のセキュリティベンダーであるINCA Internetが確認したもの。

問題のファイルは「Diablo_III.exe」というファイル名で流通しており、誤って実行するとレジストリを操作してPCを利用できないよう設定を変更するほか、外部へパソコン名やIPアドレスを送信する。

さらにドイツで著作権保護を推進する「GVU」のページを表示。復号するためのコードを得るために50ユーロを支払うよう求めるという。

ヨーロッパ圏ではこれまでも、各国当局を装い、ユーザーのPCで違犯行為を感知したとして、24時間以内に罰金の支払いを求め、支払いに応じない場合にハードディスク内のデータを削除するとして恐喝するランサムウェアが出回っているという。

こうした攻撃には、「Windows」や「Office」「Adobe Flash Player」「Adobe Reader」「Java」などの脆弱性が悪用されており、同社ではソフトウェアを最新版に保ち、出所がわからないリンクへアクセスする際に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
MS、「Exchange脆弱性」の影響を緩和する簡易ツールを公開 - 未修正なら活用を
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
初動から復旧支援までインシデント対応を支援 - テクマトリックス