Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Firefox 13.0.1」を公開、「Flash Player 11.3」利用時の不具合を一部修正

Mozillaは、Firefoxの最新版となる「同13.0.1」を公開し、Windows版において「Adobe Flash Player 11.3」との相性問題を一部修正した。

今回のアップデートは、「同13」において、終了時に「Flash Player」がクラッシュする不具合を解消したもの。「Flash Player」が保護モードに対応したことに起因する不具合だという。

これ以外にも動画サイトで「動画を再生できない」「コンテンツの表示が乱れる」といった問題が報告されているほか、日本語入力ソフトと「Flash Player」の互換性により「日本語入力ができない」といった問題が判明している。

Mozillaでは、「同13.0.1」の修正以外については、Adobeによる修正待ちであると説明。Adobeでは、最新版を利用できないユーザー向けに、「Flash Player 10.3.183.20」を公開しており、同バージョンを利用することにより不具合を回避できるという。

(Security NEXT - 2012/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
求人サービス「engage」に不正アクセス - 画像や動画が全消失
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
ネットスーパーで無関係の顧客情報が表示される不具合 - ヤオコー
畜産生産者支援サイトで個人情報が流出 - キャッシュ機能追加に起因
メルマガで不具合、会員のメアドが流出 - 翻訳者向け会員制サービス
旧セミナー申込システムで個人情報流出の可能性 - 沖縄労働局
総務省、通信の秘密や個人情報の流出で楽天モバイルに行政指導
ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市
Android版「COCOA」で不具合 - 実機の動作検証で判明