Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報2103件含む書類を保存箱ごと紛失 - 東京ガス子会社

東京ガスの子会社である東京ガスリースにおいて、ガス機器のリースサービス利用者2103人の顧客情報が記載された書類が、保存箱ごと所在不明になっていることがわかった。

所在不明となっているのは、2010年10月から12月の間にガス機器のリースサービスの契約をした1987世帯分の契約書。書類は3枚セットになっており、2103人分の氏名、住所、電話番号、振替口座番号、リース料金などが記載されていた。

6月8日、書類が収納された保存箱を社内の書庫から外部の保管倉庫へ運搬しようとした際に紛失していることが判明した。書庫の入室記録や防犯カメラの記録からは、不審な出入りや保存箱の持ち出しなどは確認されていないという。

同社は、同じ書庫内に保管されていた不要書類とともに誤って廃棄した可能性があると説明。対象となる顧客に対し、文書による説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2012/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

自転車防犯登録カード1056人分を紛失 - イトーヨーカ堂
保健所で新型コロナ発生届のFAXを誤送信 - 静岡県
特別児童扶養手当の認定書類を別人に誤送付 - 生駒市
懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
自動車輸送統計調査で誤送付、別人の回答用パスワードを同封 - 国交省
農業従事者の個人情報含む書類が所在不明 - 新潟県
修理依頼の過程で電子カルテ端末が所在不明に - 病院と業者でわかれる見解
顧客情報記載の書類綴りを紛失 - 兵庫信金
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社