Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東陽テクニカ、米GTB Technologies製DLPスイートを発売

東陽テクニカは、米GTB Technologies製の情報漏洩対策ソリューション「GTB Data Loss Prevention Suite」を販売開始した。

同ソリューションは、複数の漏洩対策製品を組み合わせたスイート。ネットワークDLP製品「GTB Inspector」、エンドポイント対策製品「GTB Endpoint Protector」、IRM製品「GTB eDiscovery+IRM」で構成されている。

「GTB Inspector」では、独自のフィンガープリント技術により、機密情報をデータベース化。ネットワーク外部へのトラフィックをリアルタイムで監視して、機密データを検知、送信をブロックする。

また「GTB Endpoint Protector」は、エンドポイントにおけるリムーバブルメディアへの保存を制限。物理的なデータの持ち出しを防ぐ。さらに「GTB eDiscovery+IRM」により、コンテンツの権限管理に対応。ユーザーやグループ、時間、場所といった条件で制御できる。

価格は、525万円から。同社では、同製品により年間3億円の販売を見込んでいる。

(Security NEXT - 2012/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
ネットリスクを学べる高校生向けの無償教材
届け先の個人情報を二次元コード化、置き配時の個人情報漏洩対策 - ヤマト運輸
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト