Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東陽テクニカ、米GTB Technologies製DLPスイートを発売

東陽テクニカは、米GTB Technologies製の情報漏洩対策ソリューション「GTB Data Loss Prevention Suite」を販売開始した。

同ソリューションは、複数の漏洩対策製品を組み合わせたスイート。ネットワークDLP製品「GTB Inspector」、エンドポイント対策製品「GTB Endpoint Protector」、IRM製品「GTB eDiscovery+IRM」で構成されている。

「GTB Inspector」では、独自のフィンガープリント技術により、機密情報をデータベース化。ネットワーク外部へのトラフィックをリアルタイムで監視して、機密データを検知、送信をブロックする。

また「GTB Endpoint Protector」は、エンドポイントにおけるリムーバブルメディアへの保存を制限。物理的なデータの持ち出しを防ぐ。さらに「GTB eDiscovery+IRM」により、コンテンツの権限管理に対応。ユーザーやグループ、時間、場所といった条件で制御できる。

価格は、525万円から。同社では、同製品により年間3億円の販売を見込んでいる。

(Security NEXT - 2012/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

eスポーツ主催者向けに保険、サイバー攻撃にも対応 - 東京海上日動
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
テレワークリスク向けに保険パッケージ - 三井住友海上ら
研修向けにセキュリティ演劇 - 映像配信や訪問研修も