Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - キャッシュサーバに大きな影響、早急に対応を

DNSサーバ「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性が見つかったとして、Internet Systems Consortiumや関係機関では、アップデートを呼びかけている。

「BIND 9」の全バージョンにおいて、リソースレコードの処理に不具合が見つかったもの。データを含まないRDATAフィールドのリソースレコードを処理すると、サーバがクラッシュしたり、メモリの内容が漏洩するおそれがある。

脆弱性に対する攻撃は確認されていないが、すでに情報が公開されており、リモートからDoS攻撃が行えるため注意が必要だ。

BINDをキャッシュサーバとして利用している場合、攻撃者が不正なレコードを追加した権威DNSサーバを用意し、同サーバを参照させることにより攻撃することが可能なため、特に影響が大きい。

権威DNSサーバとして利用している場合も影響を受けるが、管理者が、一定環境下で不具合を生じさせるリソースレコードをみずから追加している場合に限られる。

すでに修正済みバージョン「同9.6-ESV-R7-P1」「同9.7.6-P1」「同9.8.3-P1」「同9.9.1-P1」が公開されており、ISCや関連機関では最新版へアップデートするよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
Google、「Chrome 90.0.4430.93」をリリース - 9件のセキュリティ修正を実施
都の医療従事者向け「ワクチン接種予約システム」に複数不具合
Apple、「iOS 14.5」をリリース - 脆弱性50件を修正
「Drupal」にXSS脆弱性、早急にアップデート実施を
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
「Pulse Connect Secure」脆弱性で国内法人もアナウンス
法人向けトレンドマイクロ製品の既知脆弱性を狙った攻撃が発生
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正