Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、暗号鍵管理ソリューション「Universal SSH Key Manager」を発売

ディアイティは、フィンランドのSSH Communications Securityが開発した暗号鍵管理ソリューション「Universal SSH Key Manager」を7月1日より発売する。

同製品は、組織内で利用されるSSHの暗号鍵を効率的に管理できるソリューション。既存の公開鍵や秘密鍵と関連ユーザーを自動的に検出。正規ユーザーであるか確認した上で、Active DirectoryやLDAPなどディレクトリサービスと連携し、鍵の展開、失効、再証明の運用を自動化できる。

同社製品だけでなく、「OpenSSH」にも対応しており、「UNIX」「Linux」「Windows」「Oracle」などのSSHクライアントやサーバを幅広くサポート。企業における鍵管理の一元化を実現し、コスト削減やコンプライアンスの向上などを期待できる。

価格は714万円。同社では一般企業、官公庁、金融機関などを対象に、初年度10システムの販売を見込んでいる。

(Security NEXT - 2012/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
暗号鍵のライフサイクル評価サービス - NRIセキュア
ランサムウェア「Ims00rry」の無償復号化ツールが公開
生体情報より作成した公開鍵で認証するソフトウェア - 日立ソ
IoT製品のファームウェア用脆弱性調査ツール - ソースコードに非依存
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
セキュリティ機能搭載の仮想通貨ウォレット - ペンタセキュリティ
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM