Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、「eoスマートリンク」対応のAndroid端末向けにウイルス対策機能提供

マカフィーは、ケイ・オプティコムが6月1日から開始する新サービス「eoスマートリンク」専用のAndroid端末向けに、ウイルス対策機能を提供する。

「eoスマートリンク」は、ケイ・オプティコムの光ファイバー接続サービス「eo光ネット」のユーザー向けに、タブレット端末を活用した情報サービス。Google Playや同社独自のアプリマーケットから、100種類以上のアプリを利用できる。

今回マカフィーでは、同サービス専用のAndroidタブレット端末向けに、ウイルスやスパイウェア、不正アプリをブロックするマルウェア対策機能を提供。また、データのバックアップや修復、リモートロック、位置検索など「マカフィー モバイル セキュリティ」の全機能が利用できるオプションサービスについては、今秋より提供する予定。

(Security NEXT - 2012/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インシデント対応体制の構築を支援する演習サービス - マカフィー
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
クラウドの設定ミスを防ぐ診断サービス - ラック
100以上の項目で標的型攻撃対策を評価する診断サービス
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
電力事業者向けにセキュリティGL対応支援コンサルサービス
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能