Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援

ソフトバンク・テクノロジーは、「マネージドセキュリティサービスfor CASB」を提供開始した。

同サービスは、マカフィーの「McAfee MVISION Cloud」を活用したマネージドサービス。「CASB」の導入から監視運用まで支援する。

同社では従来より「Office 365」を展開しており、それらノウハウなどを活用。「シャドウIT」におけるベースライン策定や、サンクションITの推奨ポリシーテンプレートを提供。

サービス監視やインシデントの検出や報告、抑制のほか、独自のレポートを提供。また同社が展開する他MSSとの連携などにも対応する。

(Security NEXT - 2019/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
2021年のサイバー月間は「ラブライブ!」とコラボ - ツール公開やイベントを予定
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA