Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援

ソフトバンク・テクノロジーは、「マネージドセキュリティサービスfor CASB」を提供開始した。

同サービスは、マカフィーの「McAfee MVISION Cloud」を活用したマネージドサービス。「CASB」の導入から監視運用まで支援する。

同社では従来より「Office 365」を展開しており、それらノウハウなどを活用。「シャドウIT」におけるベースライン策定や、サンクションITの推奨ポリシーテンプレートを提供。

サービス監視やインシデントの検出や報告、抑制のほか、独自のレポートを提供。また同社が展開する他MSSとの連携などにも対応する。

(Security NEXT - 2019/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「静岡銀行」装うフィッシング攻撃 - 取引目的の確認などと誘導
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
2022年4Qの脆弱性届出 - ソフトとサイトいずれも減少
コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性
「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処
個人情報含む調査票を誤発送、封入ミスで - 調布市
非常災害時用端末を用いて他社顧客情報を閲覧 - 九州電力
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
大学院入試問題や個人情報が学内クラウドで閲覧可能に - 琉球大学