Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ、コンテンツ事業者にユーザーの年齢情報を提供

NTTドコモは、携帯電話利用者の年齢情報を、同意を得た上でコンテンツ事業者へ提供すると発表した。

同社では6月1日より、新規契約時または契約者から申し出があった場合、携帯電話の利用者に関する氏名と生年月日が確認できる本人確認書の提示を求める。そのうえで、ブログやSNSなどを利用する場合、サービスを運営するコンテンツ事業者へ利用者の年齢情報を同意を得た上で提供する。

提供するのは、コンテンツ事業者が指定した年齢以上か未満かの情報だけで、氏名や生年月日などは含まれない。これにより、未成年の利用者が安全にサービスを利用できる環境が提供できるとしている。年齢情報の提供は、同社とコンテンツ事業者の準備が整い次第開始する予定。

(Security NEXT - 2012/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブサービスの画像認証で15%がログイン断念
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
「ドコモ口座」被害は66件、約1821万円 - 全額補償の方針
DoS/DDoS攻撃キャンペーンに警戒を - 各国機関が注意喚起
PCR検査申込書の送信先記載にミス、ファックス誤送信が発生 - 群馬県
IT資格試験教材サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
問い合わせメールを転送ミス、個人情報流出 - 神戸市
県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加
「ハローページ」が終了、個人情報保護への意識高まりなど影響