Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ、コンテンツ事業者にユーザーの年齢情報を提供

NTTドコモは、携帯電話利用者の年齢情報を、同意を得た上でコンテンツ事業者へ提供すると発表した。

同社では6月1日より、新規契約時または契約者から申し出があった場合、携帯電話の利用者に関する氏名と生年月日が確認できる本人確認書の提示を求める。そのうえで、ブログやSNSなどを利用する場合、サービスを運営するコンテンツ事業者へ利用者の年齢情報を同意を得た上で提供する。

提供するのは、コンテンツ事業者が指定した年齢以上か未満かの情報だけで、氏名や生年月日などは含まれない。これにより、未成年の利用者が安全にサービスを利用できる環境が提供できるとしている。年齢情報の提供は、同社とコンテンツ事業者の準備が整い次第開始する予定。

(Security NEXT - 2012/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマホ不正チャージ、販売店で窃取された個人情報や他人メルアカなど悪用
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
訪問代理店が顧客情報を不正取得 - ソフトバンク
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
ワークマンの偽サイトに注意 - 格安価格などで誘導か
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
「ドコモ口座」利用、携帯電話番号の登録必須に
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
ウェブサービスの画像認証で15%がログイン断念