Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国保の特定健診で別人の「問診票」を誤送付 - 諏訪市

長野県諏訪市は、国民健康保険の特定健診に必要な「問診記入票」を送付した際、別人の記入票を送付していたことを明らかにした。

同市が、5月21日から7月14日の間に実施される特定健診の「受診券」と「問診記入票」および「案内チラシ」を封筒に入れて、健診対象者9521人に発送した際、200人分について別人の問診票を同封していたという。

問診票には、氏名、住所、年齢のほか、前年に健診を受けた住民については健診結果も含まれる。同市では、封入作業時に書類の確認を怠ったことが原因としている。対象となる被保険者には、市の職員が直接訪問して謝罪、誤送付された問診票の回収する。

(Security NEXT - 2012/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
個人情報含む調査票を誤発送、封入ミスで - 調布市
家庭訪問の事前連絡票を誤送付、コピペミスで異なる宛先に - 江戸川区
書類を誤送付、宛名シールのミスに気づかず - 広島銀
名義変更ハガキを旧名義人に誤送付、システム不備で - 東電EP
同姓同名の別人に納税通知書を約17年にわたり誤送付 - 鎌倉市
患者情報を別の連携医療機関へ誤送付 - 藤田医科大病院
特別児童扶養手当の認定書類を別人に誤送付 - 生駒市
自動車輸送統計調査で誤送付、別人の回答用パスワードを同封 - 国交省
「ふるさと町民証」送付時に無関係の個人情報を同封 - 真鶴町