Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国保の特定健診で別人の「問診票」を誤送付 - 諏訪市

長野県諏訪市は、国民健康保険の特定健診に必要な「問診記入票」を送付した際、別人の記入票を送付していたことを明らかにした。

同市が、5月21日から7月14日の間に実施される特定健診の「受診券」と「問診記入票」および「案内チラシ」を封筒に入れて、健診対象者9521人に発送した際、200人分について別人の問診票を同封していたという。

問診票には、氏名、住所、年齢のほか、前年に健診を受けた住民については健診結果も含まれる。同市では、封入作業時に書類の確認を怠ったことが原因としている。対象となる被保険者には、市の職員が直接訪問して謝罪、誤送付された問診票の回収する。

(Security NEXT - 2012/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DV被害者の個人情報を加害者へ誤送付 - 札幌市
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市
都営住宅居住者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都
異なる認定こども園へ書類を誤送付 - 大阪府
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
里親措置児童や里親の個人情報含む文書を誤送付 - 新潟県
税額決定通知書を異なる事業所へ誤送付 - 西宮市
就学支援金支給停止通知など書類の誤送付が発生 - 新潟県
卒業証明書を封入ミスで誤送付 - 中京大