Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェック・ポイント、マルウェア対策を強化した「Check Point R75.40」を発表

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、マルウェア対策を強化したセキュリティゲートウェイの新版「Check Point R75.40」を提供開始した。

同製品は、必要に応じて機能を追加できる同社独自の「Software Bladeアーキテクチャ」をベースとしたセキュリティスイート。

従来製品のOSである「IPSO」と「SecurePlatform」を融合した新OS「Check Point GAiA」を採用。IPv4とIPv6をサポートしているほか、ファイアウォールのヒットカウント機能、ウェブプロキシ設定など、100以上のセキュリティ対策機能を追加した。

また機能を強化した「Anti-Bot SoftwareBlade」「Antivirus Software Blade」を搭載。同社があらたに開発した脅威情報の自動アップデートサービス「ThreatCloud」に対応し、同社が設置した脅威センサーや研究機関から収集した脅威情報を反映できる。

さらに「Logging and Status Software Blade」の利用者には、ログ分析ツール「SmartLog」を無償で提供する。キーワード検索機能を用意しており、数十億件のレコードからログを検索し、傾向を分析することが可能。

既存ユーザーは、無償でアップグレードすることが可能。「Software Blade」は、18万8000円から。

(Security NEXT - 2012/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point