Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、4件の脆弱性を修正した「iOS 5.1.1」を公開

Appleは、「iPhone」や「iPad」に搭載された「iOS」の脆弱性4件を修正するセキュリティアップデート「iOS 5.1.1」を公開した。

今回公開したアップデートでは、「Safari」のロケーションバーにおいてURLを偽装できる脆弱性を修正。「WebKit」のメモリ破壊により、リモートでコードが実行される問題やクロスサイトスクリプティングの脆弱性を解消した。

また脆弱性の修正以外についても、購入手続き時に発生する通知の不具合や絵文字が正しく表示されない問題、「Safari」のブックマークやリーディングリストを同期する際の信頼性向上など修正を行っている。

(Security NEXT - 2012/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開
NVIDIAのGPUドライバに複数脆弱性 - vGPUソフトウェアにも
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響