Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

入院患者や看護師の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島大病院

広島大学病院の看護師が、入院患者および看護師あわせて315人の個人情報が保存されたUSBメモリを、院内で紛失していたことがわかった。

4月16日夕方ごろ、看護師が院内のPCで資料作成のためUSBメモリを利用したが、その後所在がわからなくなっているもので、2010年4月1日から2012年4月16日までの入院患者285人分の氏名、年齢、診療科名、病名、手術日などのほか、看護師30人の氏名、経験年数、評価などの情報が保存されていた。

今回の紛失を受けて同院では、関係者に対して文書で報告と謝罪を実施。全職員に対し個人情報の適正管理について注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2012/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
中学校で答案用紙データ含む私物USBメモリが所在不明 - 長野市