Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ムービット、Google Apps対応のメール添付ファイル暗号化仮想アプライアンスを提供

ムービットは、Google Appsのメール環境で添付ファイルの暗号化やログ保存などを実現する仮想アプライアンス「Powered BLUE Mail Plus Spirit Apps edition」を、5月1日より提供開始する。

同製品は、Google Appsのメール環境向けセキュリティソリューション。添付ファイルを自動的にZip形式で暗号化する機能や、ウェブ経由のダウンロード形式により送信できる機能を備えている。

そのほか、メールログの保存や、保存用メールサーバへの二重配信などの機能も搭載した。VMwareの仮想アプライアンスで、ソフトウェアのレンタル形式にて提供し、月額利用料は2万円から。

(Security NEXT - 2012/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア「Conti」亜種に対応した復号ツールを公開 - カスペ
米政府、ランサムウェア「ESXiArgs」の復旧ツール - 十分理解して使用を
企業向けに「セキュアID SIM」を提供 - 日本通信
セキュア開発が学べる無料オンラインコンテンツ - Linux Foundation
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」