Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先で車上荒らし、高齢者の個人情報含む名簿紛失 - 名古屋市

名古屋市は、委託先の立山システム研究所において、一人暮らし高齢者や重度身体障害者を対象とした緊急通報事業の利用者名簿1383人分が盗難に遭ったと発表した。

盗難被害に遭ったのは、一人暮らし高齢者緊急通報事業の利用者1300人、および重度身体障害者緊急通報事業の利用者83人の個人情報が記載された利用者名簿。氏名、住所、電話番号などが含まれる。

3月31日0時15分ごろ、委託先企業の従業員が市内飲食店の駐車場で車上荒らしに遭い、鞄ごと盗まれたという。同市および委託先では、対象となる利用者へ謝罪文を送付した。

(Security NEXT - 2012/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
神戸市の情報サービスが外部より閲覧可能に - 設定不備で
薬物乱用防止啓発事業で個人情報が流出、設定ミスで - 香川県
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県