Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バスツアー案内メール誤送信でアドレス349件流出 - NEXCO中日本

NEXCO中日本は、メールマガジンの読者へ送信した案内メールで操作ミスがあり、読者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

誤送信があったのは、同社の旅行事業「速旅」のメールマガジン読者に送られたバスツアー案内メール。3月23日19時12分に一斉送信したが、送信先のメールアドレスを宛先に記載して送信したため、メールアドレス349件が受信者間で閲覧できる状態となった。

同社では、対象者へメールと電話で謝罪するとともに、誤送信メールの削除を依頼するなどの対応を行っている。

(Security NEXT - 2012/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルマガをCCで送信するミス - 山梨県の建設会社
市教委職員の受信メールが無関係アドレスに自動転送 - 輪島市
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
益茂証券で個人情報流出の可能性 - サイト管理事業者が認証機能を誤って無効化
メルマガを誤送信、会員のメアド流出 - 店舗装飾シールショップ
検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 国立音大
メガネブランド「Zoff」のインターメスティックがランサム被害
委託先がメルマガ送信時に宛先を「CC」設定 - 厚生労働省
メルマガで送信ミス、メアド2350人分が流出 - 洋菓子のヒロタ