Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SCSK、24時間体制でウェブアプリを監視するサービスを提供

SCSKは、ウェブアプリケーションのセキュリティ監視を行う「Protection Expert/Webアプリケーションセキュリティ監視サービス」を提供開始した。

同サービスは、24時間体制で対応するウェブアプリケーションのセキュリティ監視サービス。F5ネットワークスジャパンの「BIG-IP Application Security Manage」を活用し、イベントログの収集や解析を行うほか、イベント発生時の正常、誤診の確認ほか、管理者への通知、月次報告などを提供する。

また定期メンテナンスとして、年2回のシグネチャアップデートおよびチューニング、誤検知時のポリシー変更にともなうリスク分析、アプリケーションの仕様変更にあわせたWAF設定の見直しを提供する。月額料金は52万5000円から。

(Security NEXT - 2012/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
WAFにDDoS防御機能を追加 - CDNetworks
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
WAFの導入や運用を支援するサービス - JP-Secure