Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルアーツ、企業向けメールフィルタリングソフト最新版

デジタルアーツは、法人向けメールフィルタリングソフトの最新版「m-FILTER Ver.3.1」を発売した。

同製品は、メールの送受信制御を行う「m-FILTER MailFilter」、メールの全文保存と検索を可能とする「m-FILTER Archive」、スパム対策機能「m-FILTER Anti-Spam」を備えたメールフィルタリングソフト。

最新版では、AES256ビット形式で添付ファイルをパスワードロックする機能を追加。従来のパスワードロック方式とあわせて用途に応じて利用できる。また「正規表現」による送受信制御機能を搭載しており、ルールをより柔軟に設定できる。

さらに、スパム対策として「グループに所属しないアドレスの拒否機能」を追加。これにより、実在するアドレスをあらかじめグループに登録することで、実在しないアドレス宛てのスパム転送によるメールサーバの負荷を軽減できる。

価格は、30ユーザーで90万2212円から。

(Security NEXT - 2012/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
「Log4Shell」の有無やログ内の攻撃痕跡を無料調査 - SHIFT SECURITY
最大7年分のPC操作ログを保管、検索できるクラウドサービス
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足