Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ダイレクトメールに関係ない別の顧客情報が混入 - アクサ生命

アクサ生命保険は、顧客宛てにダイレクトメールを発送した際、別の顧客の個人情報や契約情報が記載された書類を送付したと発表した。

3月1日に顧客へダイレクトメール約5万3000通を発送した際、一部で誤送付が発生したもの。誤送付した証券424件分には、顧客の氏名、住所、電話番号のほか、証券番号や契約者貸付に関する情報など顧客406人分が含まれるという。センシティブ情報などは含まれていない。

委託先である印刷業者のミスが原因で他顧客の個人情報が記載された書類が送付されたもので、顧客の指摘により判明した。同社では対象となる顧客へ説明や謝罪を行うとともに、問題のダイレクトメールについて回収など対応を進めている。

(Security NEXT - 2012/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
ふるさと納税の受納証明書600人分を別人へ誤送付 - みやき町
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
ふるさと納税関連書類を誤送付、封入ミスで - 雨竜町
個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区
DV被害者の個人情報を加害者へ誤送付 - 札幌市
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市