Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

指紋認証とウイルス対策に対応した暗号化USBメモリや外付けHDDが発売

イメーションは、セキュリティ対策機能や暗号化機能を備えたUSBメモリ2製品と、外付けハードディスク1製品を3月8日より発売する。

今回発売するのは、ウイルス感染対策の機能を備えた「Defender Collection」の新製品。米国FIPS規格認証を取得したハードウェアによる暗号化にくわえ、1年間利用できるマカフィー製ウイルス対策ソフトが付属し、リムーバブルメディア内に保存するデータや、接続先PCのウイルススキャンを実施できる。

USBメモリは2製品を用意。「F200+BIO」はパスワードと指紋による認証に対応。また「F150」ではパスワード認証が可能で、それぞれ4Gバイトと8Gバイトを用意。

指紋とパスワードによる認証に対応している外付けハードディスク「H200+BIO」は、500Gバイトまで保存が可能。価格は、いずれもオープンプライス。

(Security NEXT - 2012/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加