Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報含むデジタルカメラを紛失 - 藤沢市民病院

藤沢市民病院は、患者の個人情報が保存されたデジタルカメラが、診察室内から紛失していたことを明らかにした。

紛失したデジタルカメラは、皮膚科外来の診察室で利用していたもので、メモリ内部に患者の氏名、生年月日、患者番号、患部の画像などが保存されていた。今後の治療に影響はないとしている。

2月13日に紛失が判明したもので、同院では、対象となる患者に対し謝罪。同院では、カメラの施錠管理や、サーバへデータをコピーした後は、データ消去を徹底するなど、再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2012/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含む書類が鞄ごと所在不明に、盗難か - 総合南東北病院
患者情報含むデジタルカメラが所在不明 - 兵庫県立がんセンター
京大iPS研究所職員を懲戒解雇 - 機密情報持ち出しや盗撮で
取引先が置き引き被害、学生服の注文伝票など - 名鉄百貨店
保育園で園児の画像含む記憶メディアを紛失 - 吹田市
山手線車内で生徒情報など鞄ごと紛失、盗難か - 筑波大付属高
小学校で児童情報を紛失、年賀状作成で持出 - 熊本市
保育園で撮影画像含む記録メディアを紛失 - 文京区
HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク
委託元の2病院から従業員が患者情報を持ち出し - インテック