Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、1月にモバイルマルウェア27件を確認

マカフィーは、1月におけるモバイルマルウェアの報告状況を取りまとめた。あらたに不正アプリ27件を確認している。

スマートフォンやタブレット端末を対象にしたマルウェアは、新種が5件、亜種が9件。不審なプログラムの新種が6件、亜種が7件だった。

1月の目立った動きとしては、Android搭載端末を狙い、架空請求を行うマルウェア「Android/OneClickFraud.A」が発見された。日本国内のアダルトサイトにおいて動画プレイヤーとして配布されていたという。

インストールすると、ユーザー情報のほか、「IMEI」「電話番号」「Googleのアカウント情報」を取得して外部サーバへ送信。さらにブラウザで架空請求のウェブサイトを表示し、金銭を要求する。

請求画面を表示し、金銭を要求するワンクリック詐欺は被害が拡大しており、1月に逮捕者が出た。従来PC向けの攻撃が中心だったが、Androidを対象としたマルウェアが登場したことで、情報処理推進機構(IPA)も注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2012/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2022年4Qの脆弱性届出 - ソフトとサイトいずれも減少
2022年12月のフィッシングURL、7カ月ぶりの1万件台
2022年3Qの脆弱性届け出、ソフトとサイトのいずれも増加
小売業における端末の盗難対策、3割強 - コストや人材が不足
保護者の約1割が子どものネット履歴を確認 - 国内外でギャップも
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qの脆弱性届け出は176件 - ソフトとウェブともに増加
Z世代の7割、スマホアプリでの個人情報登録に抵抗感
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知