Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ホイットニーさんの訃報に便乗する攻撃がSNS上で流通

ホイットニーヒューストンさんの訃報を悪用するサイバー攻撃が、早くもSNS上で出回っている。

2月11日の死亡報道直後より、SNS経由でニュースを伝えるツイートやFacebookの書き込みが広がったが、米Trend Microでは、便乗する攻撃を報道直後より確認しているという。

同社によれば、Facebook上では偽ビデオに装った投稿が出回っており、携帯電話番号などを盗み取ることを目的とした詐欺サイトへ誘導していた。同社では、同じIP上で101件以上の詐欺サイトを確認している。

また、Twitter上でも不正サイトへ誘導するリンクを含んだつぶやきが流通。特定のブログへ誘導するが、自動的に壁紙や着信メロディなどをダウンロードできるなどと説明するページへ転送。ユーザーがダウンロードしようとすると、情報を詐取するフィッシングサイトに誘導する。

最近では、レディーガガさんが亡くなったとするデマなど同様の攻撃が発生しており、同社ではソーシャルメディア上の脅威へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オーディション応募者の情報流出、対象範囲が拡大 - Brave group
角川ドワンゴ学園の生徒や保護者情報も流出か - KADOKAWAが報告
さらなる情報を流出させたと攻撃者が主張 - KADOKAWAが調査
オーディションの応募者情報が流出、SNSへの投稿も - Brave Group
政府、大規模SNS事業者に「偽広告」への対応強化を要請
学生が患者の個人情報含むカルテの写真をSNSに投稿 - 名古屋大病院
2023年の悪質ECサイト通報件数、前年比1.6倍 - JC3レポート
バイト情報サイトから登録者情報が流出 - 転得したとの人物から連絡も
住民関連の情報をLINEグループに投稿、職員を懲戒処分 - 湖南市
6割超がSNS利用時の個人情報悪用やトラブルに不安 - ドコモ調査