Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、グループごとの管理者設定に対応したクラウド型MDMサービス

NECは、クラウド型のモバイル端末管理サービス「スマートデバイス管理サービス」を提供開始した。

同サービスは、業務に利用するスマートフォンやタブレット端末の管理サービス。紛失時の情報漏洩対策、デバイス制御、端末の一括設定、アプリケーション管理、端末情報やログ取得といった機能を提供。オプションとしてウイルス対策機能も用意している。

企業内の階層や部門などグループ単位で管理者を設置し、利用権限を設定できるため、企業の組織体制にあわせた柔軟な運用が可能。端末設定の自動化機能により、管理者の負担を軽減できる。

300IDで利用する場合の月額料金は、315円/ID。別途初期費用が31万5000円が必要。オプションのウイルス対策サービスは、210円/IDで提供する。

(Security NEXT - 2012/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
顔認証決済の自販機を実証実験 - ダイドードリンコ
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
テレワーク利用者向けにSaaS型認証サービス - パスロジ
日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
セキュリティeラーニングをテレワーク支援で割引 - ラック
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド