Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Googleの決済サービスで購入者情報を閲覧できる不具合

Googleの決済サービスである「Google Checkout」において不具合があり、一部顧客情報が流出していたことがわかった。

同サービスは、Androidマーケットの支払いなどにも利用されている決済サービス。販売者に対して提供する情報をコントロールできることなどを特徴としている。

今回問題となったのは、本来販売者から確認できない購入者の一部個人情報が、閲覧可能となっていたもので、同社は「Google Checkoutマーチャントセンター」や同サービスの「API」に不具合が原因だっと説明している。

すでに同社では「Google Checkoutマーチャントセンター」について修正を終えており、APIについても近日中に修正を行うとしている。

(Security NEXT - 2012/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント抽選結果メールで送信ミス - 北区文化振興財団
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
顧客への連絡メール誤送信でメアド流出 - スポーツ用品メーカー
メルマガ誤送信で登録者のメアド流出 - ひろしま産業振興機構
不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社
公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
アンケート依頼メールを誤送信、会員のメアド流出 - 中部経済連合会
医療機関向け研修の案内メールで送信ミス - 宇城市
保険証券システムで他契約者情報が閲覧可能 - 日本ワイド少額短期保険
委託先がメール誤送信、ボートレース観戦申込者のメアド流出 - 下関市