Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アンラボ、2012年におけるスマホの脅威を予測 - 改ざんサイト経由の攻撃やボットネットが本格化

アンラボは、2012年におけるスマートフォンの脅威について見通しを示した。アプリやOSの脆弱性を悪用する攻撃や、ボットネットの本格化などを挙げている。

同社は、スマートフォンのユーザーが増加し、モバイル端末でウェブサイトを閲覧する機会が増えることから、ウェブサイトの改ざんにより攻撃が行われる可能性があると指摘。

ウェブサイト経由でアプリの脆弱性を攻撃し、多数ユーザーに感染させるリスクが高まっているとし、SNSやメールアプリの脆弱性も悪用されるおそれがあるという。

さらにOSのカーネルを攻撃してroot権限を取得する技術の進化や、いわゆる「ゾンビ化」したスマートフォンによるボットネットが本格化するとの予測を示している。

また攻撃地域についても変化するとし、2011年は、おもにヨーロッパ、ロシア、中国を対象としたマルウェアが中心だったが、それ以外の地域でもスマートフォン利用者が増加している地域では、今後攻撃の対象となるおそれがあると警告している。

(Security NEXT - 2012/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
ネットトラブル防止を呼びかける標語を募集 - 兵庫県
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
ネット専用プリペイドカード「Vプリカ」のアプリに不正アクセス
デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
「不在通知」スミッシングの相談倍増 - キャリア決済で被害も
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応