Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、予定より1件少ない月例パッチ13件を公開 - 優先度高いプログラムは2件

日本マイクロソフトは、12月の月例セキュリティ更新プログラムとして、当初の予定より1件少ない13件を公開した。「Windows」に関する脆弱性9件をはじめ、あわせて19件の脆弱性を修正している。

深刻度がもっとも高い「緊急」のプログラムは3件で、いずれもリモートでコードを実行される脆弱性を修正した。同社は、なかでも「MS11-087」「MS11-092」の2件については、優先して適用することを推奨している。

「MS11-087」は、「Stuxnet」と同じソースコードを持つトロイの木馬「Duqu」が標的型ゼロデイ攻撃に用いた「Windowsカーネルモードドライバ」の脆弱性「CVE-2011-3402」を解消するプログラム。

一方「MS11-092」では、「Windows Media」において、細工された「Microsoft Digital Video Recordingファイル」を開いた際に、リモートでコードが実行される可能性がある脆弱性に対応した。

脆弱性は非公開で報告されており、現時点で悪用は確認されていないが、今後ウェブサイト上に、脆弱性を攻撃する動画ファイルを埋め込むといった攻撃に利用されるおそれがあり、できるだけ早い対応が求められる。

(Security NEXT - 2011/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に情報漏洩のおそれ - 11月17日の更新で修正済み
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性
ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を