Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング報告件数が半減 - 一度停止したサイトにも注意を

フィッシング対策協議会は、11月のフィッシング報告状況を取りまとめた。増加傾向から減少に転じたが、依然として国内の金融機関を騙ったフィッシングサイトが複数見つかっている。

同協議会のレポートによれば、6月以降続いていた増加傾向から一転して半減し、11月に報告を受けたフィッシング件数は、前月を31件下回る24件だった。

フィッシングサイトのユニークURL件数も、前月から24件減少して14件。悪用されたブランド件数は前月と変わらず10件だった。

11月は、前月と同様に国内の金融機関を騙ったフィッシングサイトが複数確認された。一部はURLを変更せず、IPアドレスのみ変化しながら稼動と停止を繰り返しており、いったん停止後も再びサイトが稼動する可能性がある。

また国内金融機関を装い、オンラインバンキングのIDやログインパスワードにくわえ、乱数表を入力させるフィッシング攻撃が発生している。今後も他行を騙ったフィッシングが発生する可能性があるとして、注意を喚起している。

(Security NEXT - 2011/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「違法情報」の通報が約28.2%増 - 「犯罪実行者募集」は4000件超
フィッシング報告が前月比約35%減 - 悪用URLは約23%増
1年で不正サイトへのアクセス7億件をブロック - 前年から4割増
2023年の不正アクセス認知件数、前年比2.9倍に急増
J-CSIP、2023年4Qは脅威情報15件を共有 - 巧妙なフィッシングの報告も
1月のフィッシング、独自ドメイン使用する送信元メアドが増加
「セキュリティ10大脅威2024」 - 個人の脅威は順位表示を廃止
「フィッシング詐欺」、1年に3回も被害あったケースも
インシデント件数が約1割増 - 「スキャン」報告が倍増
フィッシングURLが急増 - 4割近くが「Cloudflare Workers」のドメイン