Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤマハ発動機、子会社からリコール関連の顧客情報が流出

ヤマハ発動機は、子会社よりリコールに関連する一部顧客情報が外部に流出したと発表した。

ヤマハ発動機販売が管理していたリコールや改善対策対象の二輪車に関する顧客情報607件が外部へ流出したもの。愛知県、福岡県、鹿児島県に在住する一部顧客の氏名や住所、車種、車台番号、販売店名など含まれる。

11月11日に漏洩を指摘する匿名のファックスを受信。調査を進めていたが、11月22日に別の第三者経由で情報提供があり、同日漏洩を確認した。同社では、顧客情報が流出した経緯など詳細を調べている。

(Security NEXT - 2011/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者
敬老祝金贈呈調書が所在不明に - 静岡市
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
元従業員の働きかけに応じて従業員が顧客情報を漏洩 - 野村證券
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - 岩出建設
犬猫関連グッズのサイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
障害者支援施設サイトに入所者の個人情報を誤掲載 - 神奈川県
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪