Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ヒューリスティック検知」と「さかのぼり検知」を備えたAndroid向けウイルス対策アプリが登場

セキュアブレインは、不正アプリの検知に特化したAndroid端末向けソフト「SecureBrain アンチウイルス for Android」のベータ版を公開した。無償で利用できる。

111117sb_01.jpg
検知時は詳細を参照できる

同製品は、クラウド上のウイルス解析エンジンを利用し、不正アプリを検知するAndroid端末向けセキュリティ対策ソフト。アプリを構成するメタデータを対象とした「ヒューリスティック検知」により、新種のマルウェアにも対応する。

またインストール時に安全と判断されたものの、あとからマルウェアと判明した場合にインストールしたアプリの履歴をさかのぼってユーザーに警告を通知する「さかのぼり検知」を搭載している。

アプリのインストールおよびアンインストール時と、クラウド上にあるシグネチャや解析エンジンとの通信時にのみ動作させることで消費電力を抑えた。同アプリは、Androidマーケットから無償でダウンロードできる。

(Security NEXT - 2011/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も