Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クロネコメール便960件を滞留、700件はすでに廃棄 - 発送元など特定できず

ヤマト運輸は、栃木の2支店において、クロネコメール便合わせて約960件が未配達だったことを明らかにした。そのうち約700件に関しては、すでに処分されている。

メール便の未配達が発生したのは、栃木主管支店の管轄下にある益子・烏山支店および宇都宮さくら支店。2006年9月から2011年8月の間に、法人顧客が発送した約960件について社員が滞留させ、そのうち約700件は裁断や焼却による廃棄処分を行ったという。

廃棄されず残っていた260件については、発送元への説明と謝罪を行って個別に対応した。廃棄された分については発送元を特定できず、心当たりがある場合は同社へ連絡してほしいと呼びかけている。

同社では今回の問題を受け、あらためて従業員教育を徹底するなど再発防止に取り組む方針。

(Security NEXT - 2011/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新コロ自宅療養者の個人情報流出など事故3件を公表 - 大阪府
「不在通知」スミッシングの相談倍増 - キャリア決済で被害も
過去宛先不明の住所に口座番号変更通知書を送付、所在不明に - 中央労働金庫
個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
未開封を保証する封印ラベルで新ブランド - トッパン・フォームズ
厚労省の人工呼吸器利用者向け優先配布事業で配送伝票に個人情報を誤記載
偽日本郵便の詐欺メールに注意 - 誘導先ドメインに「paypay」の文字列
転送処理などに用いる郵便関係書類を紛失 - 北海道の郵便局
ヤフー、ID編集結果を他利用者に反映する不具合 - 情報流出や誤配送のおそれ