Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クロネコメール便960件を滞留、700件はすでに廃棄 - 発送元など特定できず

ヤマト運輸は、栃木の2支店において、クロネコメール便合わせて約960件が未配達だったことを明らかにした。そのうち約700件に関しては、すでに処分されている。

メール便の未配達が発生したのは、栃木主管支店の管轄下にある益子・烏山支店および宇都宮さくら支店。2006年9月から2011年8月の間に、法人顧客が発送した約960件について社員が滞留させ、そのうち約700件は裁断や焼却による廃棄処分を行ったという。

廃棄されず残っていた260件については、発送元への説明と謝罪を行って個別に対応した。廃棄された分については発送元を特定できず、心当たりがある場合は同社へ連絡してほしいと呼びかけている。

同社では今回の問題を受け、あらためて従業員教育を徹底するなど再発防止に取り組む方針。

(Security NEXT - 2011/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

転送処理などに用いる郵便関係書類を紛失 - 北海道の郵便局
ヤフー、ID編集結果を他利用者に反映する不具合 - 情報流出や誤配送のおそれ
ふるさと納税寄付者の個人情報が流出、郵便誤配達で - 八千代市
居住者情報の記載資料が所在不明に - 仙台市の郵便局
配食サービスの利用者リスト、突風で紛失 - 東京都港区
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
「レターパックライト」記載の二次元コードに誤り - 配達に支障なし
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
顧客情報記載の資料を紛失 - 愛媛県の郵便局
当選賞品を宛名と異なる住所へ送付 - 九州電力