Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティフライデー、ネットワーク上のファイルアクセスを記録する新製品

セキュリティフライデーは、ファイルサーバへのアクセス状況を記録するソフトウェア「Visuact-lite」を発売した。

同製品は、同社「VISUACTシリーズ」の新製品で、組織内部のネットワークに設置したファイルサーバの通信パケットをキャプチャし、アクセスログを生成できるソフトウェア。

ネットワークスイッチのミラーポートにソフトウェアをインストールしたPCを接続するか、ファイルサーバへ同ソフトをインストールすることにより、アクセスログを作成可能。ファイルサーバから外部へのアクセスについても記録することが可能。

ファイルサーバ1台を監視する「Visuact-lite」が30万円。複数台に対応する「Visuact-liteM」が75万円。別途年間サポート費用が必要。同社では、初年度に1000万円の売上を見込んでいる。

(Security NEXT - 2011/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
組織横断的なダークネット観測で攻撃予兆を検知する技術 - 慶大らが実証
A10、製品連携のDDoS攻撃対策を実現 - 機械学習で自動防御
ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK
パナとトレンド、自動車分野のセキュリティで共同開発
JPRS、学習書籍「インターネットのひみつ」を小学校や図書館に寄贈 - 電子書籍も公開
EMC、フォレンジックツールに新版 - 関連イベントの時系列表示機能など追加
dit、Savvius製のネットワーク品質監視ツールを発売
マクニカネット、蘭SecurityMatters製の制御システム向けセキュリティソリューション