Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU

PFUは、アプライアンス製品「iNetSec SF」に対し、ワーム対策機能を9月中旬を目処に追加する。

同製品は、ネットワークのミラーポートに接続してパケットを収集し、未許可の端末やセキュリティ対策が甘い端末の接続を防止するアプライアンス。アプリケーションの利用を監視し、遮断する機能も備えている。

同社では従来より、内部ネットワークで活動するトロイの木馬など、挙動から感染活動を検知し、拡散を防止する「標的型サイバー攻撃振る舞い検知セグメントライセンス」を提供してきたが、今回あらたにワームへ対応した。

ワームに見られる振る舞いをもとに検知。ARPスプーフィングにより通信を遮断。インターネットに接続されていないクローズドネットワークにおいても利用できる。

セグメント単位のライセンスとなり、年額利用料は5万2000円。別途、「iNetSec SF V1.0マネージャー」「iNetSec SF 510センサー」が必要となる。

(Security NEXT - 2019/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
個別の脅威調査に応じるチケット制サービス - カスペルスキー
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足