Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通SSL、二要素認証実現するAndroid端末向けリモートアクセス製品

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、二要素認証によりAndroid端末からの安全なリモートアクセスを実現するソフトウェア「SHieldMobile」を、12月1日より提供開始する。

同製品は、ユーザーIDとパスワードによる認証にくわえ、端末の機体識別情報を利用した二要素認証を行えるスマートフォン向けのリモートアクセスシステム。同社の独自技術で推測されにくいよう不可逆変換した識別情報を認証に利用している。

端末紛失時は、サーバ側で機体識別情報を削除することで、端末単位でリモートアクセスを遮断することが可能。ジュニパーネットワークスのSSL-VPN製品「Juniper Networks SAシリーズ」や「Juniper Networks MAGシリーズ」との連携を実現している。

基本パッケージが78万7500円、年間保守費用が15万7500円。iOS対応版についても、2012年2月1日より提供を開始予定。クライアントソフトは無償で提供する。

(Security NEXT - 2011/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡