Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒の個人情報含む資料を校内で紛失 - 大阪市の中学校

大阪市立三国中学校において、生徒36人の個人情報が記載されたカードが所在不明になっていることがわかった。

所在がわからなくなっているのは、生徒36人分の氏名、住所、連絡先電話番号、保護者氏名、家族構成、自宅付近の略図などが記載されたカード。

10月20日17時ごろ、教師が家庭訪問の連絡をするためにカードを利用したが、家庭訪問終了後に学校へ戻り、別の生徒に連絡しようとした際、カードを綴ったファイルを紛失していることに気付いたという。ファイルは校外へ持ち出していなかった。

紛失判明後、校内外を捜索したが見つからず、同校では対象となる生徒の保護者に対し説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2011/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

健診情報含む個人情報の紛失事故2件を公表 - 大阪府
中学校で答案用紙データ含む私物USBメモリが所在不明 - 長野市
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
違法行為など行った教員情報を誤送信 - 新潟県
中学教諭が答案用紙を電車内に置き忘れて紛失 - 仙台市
実物の調査書を見本に使用 - 府立高校
生徒の個人情報紛失で教諭を戒告処分 - 福岡市
指導要録の写しと学籍に関する記録が所在不明 - NHK学園高校
県立高校で携帯電話の持込申請書が所在不明 - 岐阜県
在宅業務のためUSBメモリを持ち出し紛失 - 岡山の小学校