Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業サイトのセキュリティ維持をトータルにサポートするサービス - 神戸デジタル・ラボ

神戸デジタル・ラボは、企業サイトのセキュリティ水準を維持するためのトータルサポートを提供する「ルール&チェック All-in-One」を、11月1日より提供開始する。

同サービスは、企業ごとのセキュリティ基準を定め、それに基づいたサイト運用を支援するもの。3サービスから構成されており、トータルで利用することも個別サービスとして利用することもできる。

サイトの脆弱性診断を行ってセキュリティレベルを判断する「セキュリティレベルチェック」は80万円から。その診断結果と経済産業省のチェックシートをもとにセキュリティ指針および要件を策定する「セキュリティ指針・要件策定」は130万円から。

策定されたセキュリティ要件に基づいた対策が適切に実施されているか検査する「セキュリティ検査」が100万円から。3サービスをトータルで利用した場合の価格は、300万円から。

(Security NEXT - 2011/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大規模ECに対応した運用環境を「EC-CUBE」開発元が提供
アズジェント、攻撃対象領域の分析サービス - 1回限定で無償提供
APIゲートウェイ向けにOSSのセキュリティプラグインを公開
「EmoCheck v2.4.0」がリリース - 進化した「Emotet」に対応
インフラ事業者対象に脆弱性や情報漏洩のチェックサービス
AWSのセキュリティ設定を網羅的に診断するサービス - NTT-AT
「ドコモメール」が「DMARC」「DKIM」のチェックに対応
ブロックチェーンの脆弱性診断サービスを提供 - ProVision
JPCERT/CC、「EmoCheck v2.3」を公開 - 「Emotet」検出方法を拡充
進化する「Emotet」に対応した感染チェックツール最新版を公開 - JPCERT/CC