Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

神戸デジタル・ラボ、Androidアプリの脆弱性診断サービスを提供

神戸デジタル・ラボは、Android端末向けセキュリティ診断サービス「ProactiveDefense for Android」を、10月24日から提供開始する。

同サービスは、Android向けサービスの提供企業やアプリのユーザーを対象に、アプリの脆弱性診断を提供するもので、ウェブサイト向け診断サービスで得たノウハウをベースに開発した。

サービスメニューに3種類を用意。「Android端末一括診断」では、Androidサービス提供者向けにアプリとサーバの脆弱性診断を実施。「Androidアプリ提供診断」は、サーバと通信しないアプリを対象に脆弱性診断を行う。両サービスともソースコード診断を含まれる。

また、組織において従業員が利用するアプリの脆弱性診断を行う「Androidアプリ利用診断」を用意。ソースコード診断は含まない。

料金は、「Android端末一括診断」が90万円、「Androidアプリ提供診断」が80万円、「Androidアプリ利用診断」が60万円から提供する。

(Security NEXT - 2011/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡