Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

端末認証サービスのオプションが「iOS 5」に対応 - サイバートラスト

サイバートラストは、同社端末認証サービス「サイバートラスト デバイスID」のオプション「Over-The-Air Enrollment for iPhone and iPad」を、Appleのモバイル端末向けOSの最新版「iOS 5」に対応させた。

「サイバートラスト デバイスID」は、ウェブアクセスやリモートアクセス、無線LANなどデバイス認証用の証明書を発行管理できるサービス。

オプション「Over-The-Air Enrollment for iPhone and iPad」を利用することにより、iPhoneの端末固有情報である「IMEI」または「UDID」を確認してiPhone内で鍵を生成。デバイス証明書を登録できる。

また同オプションは、デバイス証明書の登録にくわえ、iPhoneのパスワード設定、VPN設定、無線LAN設定、アプリケーション制御設定などを行う構成プロファイルを同時に登録できる。

(Security NEXT - 2011/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍
「macOS」や「iOS」にゼロデイ脆弱性 - ウェブ閲覧でコード実行のおそれ
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
Apple、「iOS 12.5.4」をリリース - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
新型コロナのワクチン予約に見せかけた悪意あるSMSに注意
「iOS 14.6」「iPadOS 14.6」がリリース - 脆弱性46件を修正
「iOS」などにゼロデイ脆弱性、アップデートが公開 - 旧機種向けにも
ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市