Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

航空券発券データ約7万件を関係ない旅行会社へ送信 - インフィニトラベル

国際線航空券の予約発券システムを提供するインフィニトラベルインフォメーションは、最大約7万件の発券データを、誤って関係ない旅行会社へ送信したことを公表した。

特定の旅行会社において発生したシステム障害へ同社が対応した際、誤って関係ない他旅行会社の航空券発券データを送信したもの。

誤送信されたデータは、2011年4月から9月の間に発券された国際線航空券の情報で、氏名、旅行の日程など最大約7万件にのぼる。そのうち約3300件に関してはクレジットカード情報も含まれていた。

9月20日15時半ごろから翌21日12時まで誤送信先のシステム内で閲覧可能な状態だったが、閲覧できる従業員は一部に限られるという。また誤送信されたデータの閲覧は、今回の事故が発覚した作業のみで、それ以外のデータ閲覧や二時流出はなかったと説明している。

同社では今回の事故を受け、作業マニュアルの見直しや、作業後の管理者による確認など、再発防止策に取り組む。

(Security NEXT - 2011/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
8月に発生したメール誤送信を公表 - 響愛学園
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県
メディア宛メールで誤送信、宛先にアドレス記載 - GPIF
委託先でメール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 新潟県