Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ITセキュア、サイトの改ざんを検知して自動修復するSaaS型サービス

日本ITセキュアは、ウェブサイトの改ざんを検知して自動修復を行うSaaS型サービス「SITE PATROL CLOUD」を、10月17日より提供開始する。

同サービスは、ウェブサイトへ定期的にアクセスしてHTMLファイルやCGIファイルの改ざんをチェックし、改ざん検知時に管理者へメールで通知したり、自動修復を行うSaaS型サービス。

静的HTMLの改ざん監視を提供する「エントリーパトロールプラン」は月額1万3440円。全ファイルの改ざん監視を行う「スタンダードパトロールプラン」は月額2万790円。

また月額3万1290円で全ファイルの改ざん監視にくわえ、自動修復も行う「エンタープライズリカバリープラン」も用意している。同社では、パートナー経由なども含め、今後1年間に200サイトの導入を目標に同サービスを展開する。

(Security NEXT - 2011/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
Microsoft Defender ATP、ファームウェア経由の攻撃対策を強化