Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MasterCard装うフィッシングサイトが稼働中 - フィッシング対策協議会が注意喚起

大手クレジットカードブランド「MasterCard」を装ったフィッシング攻撃が発生しているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

110920ph_01.jpg
フィッシング対策協議会が確認した偽サイト

問題のフィッシングメールは、カード所有者を狙ったもので英文で記載されており、「MasterCard Alert」「MasterCard Account Holder」など複数の件名で送信されていた。

メールの本文は、セキュリティ上の認証が必要などとしてフィッシングサイトへ誘導する内容で、サイト上のフォームに個人情報を記入させ、送信させる手口。サイトは日本語化されていた。

今回の攻撃では、フィッシングサイトのURLが3種類確認されており、9月20日の11時半の時点で稼働中であることから同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼している。

同協議会では、インターネット利用者にフィッシングメール上のURLを誤ってクリックしたり、個人情報を送信しないよう注意を呼びかけるとともに、類似したメールを受け取った場合は、情報提供してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2Qはインシデントが約8.5%増 - フィッシングが増加
6月のフィッシング、URL件数が過去最多を更新
「CrowdStrike」装う「フィッシング」や「偽修復ツール」に警戒を
先週注目された記事(2024年7月14日〜2024年7月20日)
Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
「りそな銀行」かたるフィッシング攻撃の報告が増加
先週注目された記事(2024年6月23日〜2024年6月29日)
取引先や従業員に関する一部情報の流出を確認 - KADOKAWA