Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防衛生産拠点のPCやサーバにウイルスが感染 - 三菱重工

三菱重工業の本社や生産拠点など11カ所において、パソコンやサーバ83台がウイルスへ感染していたことがわかった。情報漏洩のおそれもあるとして詳細を調べている。

同社が8月中旬に国内拠点でのウイルス感染を把握したもので、防衛関連の製造拠点なども含まれているという。被害規模については、ネットワークアドレスといったシステム情報の情報漏洩は可能性があるものの、製品や技術情報の外部流出は現時点で確認されていないとしている。

同社では問題発覚後、ウイルスの駆除など対策を実施しており、被害の拡大は止まっていると説明。警察へ相談するとともに、外部専門家とともに詳細について調査を進めている。

(Security NEXT - 2011/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県
スクーリング時の回覧座席表に受講者名簿を誤って添付 - 日大
大阪市の公開資料にコロナ患者管理システムのパスワード - 2段階認証の盲点も
新型コロナ患者情報を県内全小学校へ誤送信 - 静岡県
新型コロナ陽性者情報含む文書を誤送付 - 岡山市
無許可で児童名簿をメール送信、宛先誤り第三者へ - 練馬区小学校
コロナ患者情報を誤送信、表計算ファイル内に残存 - 静岡県
コロナ陽性者向け「自宅療養のしおり」に発生届を誤添付 - 香川県
コロナ関連通知書の裏面に別人情報、誤って両面印刷 - 船橋市
新型コロナ接種証明書アプリのヘルプデスクでメール誤送信