Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサイン、認証局攻撃多発受けてグループ会社の安全性を確認

日本ベリサインは、オランダの認証局DigiNotarをはじめ、他社認証局がサイバー攻撃の対象となっている事態を受け、同社の安全性について問題ないことをあらためてアナウンスした。

日本ベリサインによれば、8月末から発生している一連の問題を受け、グループ会社「VeriSign」「GeoTrust」「thawte」における調査を実施したが、いずれもすべてのサービスにおいて問題が生じていないことを確認したという。

また同社ではインターネット利用者に対し、ウェブブラウザを最新バージョンにアップデートすることや、ブラウザにおける「サーバ証明書の取消し/失効確認」の設定を有効化するなど、偽証明書対策を実施するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県
新型コロナ検査キットに脆弱性 - 検査結果が改ざん可能に
「Apache Tomcat」のアップデートが公開 - 「Spring4Shell」対策も
新型コロナ接種証明書アプリのヘルプデスクでメール誤送信
「OpenSSL」にDoS攻撃のおそれ - アップデートが公開
フィルタリング製品「i-FILTER」に脆弱性 - 更新して設定変更を
ウクライナ狙う破壊マルウェア、正規ソフトを悪用
「Apache Gobblin」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
預かった保管文書が箱ごと所在不明に - 丸和運輸機関子会社