Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサイン、認証局攻撃多発受けてグループ会社の安全性を確認

日本ベリサインは、オランダの認証局DigiNotarをはじめ、他社認証局がサイバー攻撃の対象となっている事態を受け、同社の安全性について問題ないことをあらためてアナウンスした。

日本ベリサインによれば、8月末から発生している一連の問題を受け、グループ会社「VeriSign」「GeoTrust」「thawte」における調査を実施したが、いずれもすべてのサービスにおいて問題が生じていないことを確認したという。

また同社ではインターネット利用者に対し、ウェブブラウザを最新バージョンにアップデートすることや、ブラウザにおける「サーバ証明書の取消し/失効確認」の設定を有効化するなど、偽証明書対策を実施するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/09/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オープンソースのオフィススイート「LibreOffice」に脆弱性
Fortraのファイル転送ソリューション「FileCatalyst」に脆弱性
バイト情報サイトから登録者情報が流出 - 転得したとの人物から連絡も
Check Point機器の脆弱性、当初発表よりも影響大 - 国内で多数機器が稼働
ワクチン接種会場の医療従事者情報が流出、外部サービス経由で - 茨城県
TP-Linkの監視カメラやネットワーク設定用アプリに脆弱性
個人情報含む添付書類を紛失 - 瑞浪市消防本部
「Dropbox Sign」の侵害、登録セキスペ向け演習の受講者にも影響
介護保険の高額合算療養費申請書約2500件を紛失 - 横浜市
不妊対策助成事業の一部申請書が所在不明に - 東京都