Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBM、インターネット介さないバックアップサービスを提供

日本IBMは、企業のデータバックアップを提供するサービス「Smart Business Cloud Managed Backup - オンサイト・データ保護」を提供開始した。

同サービスは、障害対策を目的としたバックアップのマネージドサービス。バックアップ先となる同社サーバやストレージを、利用者の組織内に設置することで、インターネットを経由せずにバックアップできる。

バックアップの実行や管理は、利用者の設定に基づいて同社のグローバル・デリバリー・センターから遠隔で実施。企業内に設置したバックアップシステムから、企業が指定したほかのシステムへ二重バックアップするオプションサービスも提供する。

料金は、バックアップするデータ量に応じた従量課金制で、データの保管期間は30日間。

(Security NEXT - 2011/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「Azure」のセキュリティ対策やコストを診断 - 日商エレ
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
企業向けクラウドバックアップサービス2種を開始 - Arcserve Japan
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応