Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iPhone 5」に便乗したフィッシング攻撃が発生 - モニター提供装い個人情報を収集

シマンテックは、9月に発売されるとの憶測が流れているAppleの次世代スマートフォン「iPhone 5」に便乗したフィッシング攻撃について注意を促している。

110908sy_01.jpg
実際のフィッシング画面

今回確認された攻撃は、「iPhone 5」に興味を持つユーザーを狙ったフィッシング攻撃。モニター募集に見せかけてウェブサイトへ誘導し、「無償提供するiPhoneの送付先」などとして偽のアンケートフォームで個人情報を収集していた。

既存機種である「iPhone 4」の発売時も同様の攻撃が発生しているが、「iPhone 5」の発売前後にはそれ以上のスパムが発生するおそれがあると同社では予想しており、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約3割が「他人のパスワードを知っている」 - アバスト調査
ゼロデイ脆弱性も解消した「iOS 15.7.1」「iPadOS 15.7.1」をリリース - Apple
3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減
Apple、「iOS 16.1」「iPadOS 16」を公開 - ゼロデイ脆弱性を修正
Apple、「iOS 16.0.3」をリリース - 脆弱性1件を解消
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍
「macOS」や「iOS」にゼロデイ脆弱性 - ウェブ閲覧でコード実行のおそれ
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開