Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

持ち出し禁止の顧客情報ファイルを紛失 - 長野銀

長野銀行白馬支店の従業員が、顧客情報349件が記載された営業用資料を、外出先で紛失したことがわかった。

所在不明となっているのは営業用資料ファイル1冊で、顧客情報349件が記載されていた。8月31日、従業員が営業活動中に紛失したもので、本来は持ち出し禁止とされている資料だが、無断で持ち出していたという。

重複分を除くと顧客約300人分のデータが記載されていた。情報の内容は資料によって異なるが、顧客の氏名、住所、電話番号、勤務先、預金金額などが含まれる。不正利用は確認されていない。

訪問先や支店内を捜索したが発見されておらず、同行では、対象となる顧客に対し説明と謝罪を進めている。

(Security NEXT - 2011/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
県立高で生徒と保護者の画像含む記録メディアを紛失 - 埼玉県
小学校で児童の写真含むデジカメとメディアが所在不明に - さいたま市
中学校で答案用紙などを紛失、成績には影響なし - 一宮市
民生委員が調査に用いる高齢者リストを紛失 - 藤沢市
学童保育で児童の写真含むデジカメが所在不明に - 高槻市
個人情報含む業務用携帯電話を紛失 - 国交省
小学校で卒業証書授与台帳を紛失、金庫ごと廃棄か - 品川区
高校で定期テストの解答用紙が所在不明に - 名古屋市
小学校児童の個人情報が記載されたサポート票を紛失 - 大阪市