Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アーク情報システム、「SpamSniper」をニフティクラウドで提供

アーク情報システムは、メールセキュリティ対策ソリューション「SpamSniper」をニフティのクラウドサービス向けに9月初旬より提供開始する。

同製品は、スパムメールのフィルタリング機能など備えたメールセキュリティ対策ソリューション。誤送信対策や添付ファイルの暗号化など、送信メールのセキュリティ機能を利用できる。

今回クラウド仕様へ対応し、「ニフティクラウド」のオフィシャルパートナーとして提供するもの。利用者専用サーバを構築して運用し、最小100アカウントで、上限2000アカウントまで利用可能。また「Sendmailオプション」「Postfix オプション」を用意している。

(Security NEXT - 2011/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
「サイバー攻撃疑似偵察サービス」を開始 - NEC SI
経営陣向けにセキュリティ経営の支援メニュー - ニュートン