Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、知識不足をサポートする「セキュリティ要件確認支援ツール」を公開

情報処理推進機構(IPA)は、「セキュリティ要件確認支援ツール」をウェブサイト上で公開した。

同ツールは、システムの企画、調達、設計、構築、運用にあたり、専門知識や経験不足のシステム担当者でも、セキュリティ要件を正しく定義できるようサポートするウェブサービス。無償で利用できる。

ウェブサイト上で「機能」や「サービス」を入力することで、政府統一基準や地方公共団体のセキュリティポリシーガイドラインをもとにしたセキュリティに関する技術的な要件に関する情報や、システムにおける機能要件のうちセキュリティに関する要件をまとめた「セキュリティ機能要件」を参照できる。

IPAでは、セキュリティ要件を検討する際の負荷を低減すると同時に、検討能力不足によるセキュリティレベルの低下を防止に役立つとして、幅広く利用されることを期待しているという。

(Security NEXT - 2011/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
「セキュリティお助け隊サービス」の登録申請を受付 - IPA
フィッシング対策GLが改訂 - 実施すべき要件に「本文中リンクをクリックしないこと」
重要インフラ事業者に情報共有求める、鍵となる10要素も - CISA
ドローン向けにサイバーセキュリティガイドライン - 経産省
「IoTセキュリティ手引書」に改訂版 - 「NIST SP800-171」を反映
クラウド環境への移行を支援するアドバイザリサービス - イエラエ
アジア太平洋地域の若年層対象イベント「GCC 2022 Online」、2022年1月に開催
メール送信ミスでセミナー参加者のメールアドレスが流出 - 神奈川県
東京にデータセンターを開設、AWSを活用 - ソフォス