Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取引の繰越注文で不具合が発生、すでに解消済み - マネックス証券

マネックス証券は、7月20日の取引注文において一部不具合が生じていたことを明らかにした。すでに不具合は解消しており、訂正処理も完了している。

同社によれば、7月20日の寄付きから後場にかけて、株式取引や先物オプション取引における前日からの一部繰越注文が発注されなかったり、取消や訂正ができない状況が発生したという。

大阪証券取引所が、前日19日より先物オプション取引の「夜間立会」の取引時間を延長しており、その際のシステム対応において、繰越注文処理のスケジュール変更に問題があったもので、すでに不具合は解消しており、再検証など同社では対策を講じた。

また利用者には同日中に取引画面上で状況を伝えており、影響があった顧客に対して連絡を取り、不具合が原因で不利益が発生した場合は、訂正処理を実施したとしている。

(Security NEXT - 2011/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WatchGuard、Panda Securityの買収を完了
情報銀行へのデータ提供、7割超が位置情報NG - 「規約すべて読み同意」8%
偽楽天メールに注意、複数種類の件名や文面で出回る
マクニカ、S&Jを子会社化 - 経営層向けのサービスを強化
「三井住友カード」の利用者狙うフィッシング - リンク6カ所で誘導
機械学習用いた株式不正売買審査の支援サービス - NEC
偽金融取引ソフトに注意 - macOSもターゲットに
イー・ガーディアン、グレスアベイルを子会社化 - 取締役に徳丸氏
「偽楽天」からフィッシングメールに注意 - 不正ログインされたと不安煽る
脅威と対策のギャップ評価プラットフォームを展開するVerodinを買収 - FireEye