Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取引の繰越注文で不具合が発生、すでに解消済み - マネックス証券

マネックス証券は、7月20日の取引注文において一部不具合が生じていたことを明らかにした。すでに不具合は解消しており、訂正処理も完了している。

同社によれば、7月20日の寄付きから後場にかけて、株式取引や先物オプション取引における前日からの一部繰越注文が発注されなかったり、取消や訂正ができない状況が発生したという。

大阪証券取引所が、前日19日より先物オプション取引の「夜間立会」の取引時間を延長しており、その際のシステム対応において、繰越注文処理のスケジュール変更に問題があったもので、すでに不具合は解消しており、再検証など同社では対策を講じた。

また利用者には同日中に取引画面上で状況を伝えており、影響があった顧客に対して連絡を取り、不具合が原因で不利益が発生した場合は、訂正処理を実施したとしている。

(Security NEXT - 2011/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IBM、インフラ管理のHashiCorpを64億ドルで買収
JFEスチールとデロイトトーマツサイバー、セキュリティ会社を設立
労務管理クラウドシステムでアクセス権の設定ミス - 個人情報が流出
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
Windowsのゼロデイ脆弱性「CVE-2024-21412」、昨年12月下旬より悪用
位置情報共有サービス「NauNau」で情報流出か - 事実関係を調査
配当金計算書で封入ミスが発生した可能性 - THK
アカウント乗っ取り、複数Facebookページが改ざん - 三重県文化会館
ネット取引サービスに不正ログイン、株式不正売却も - SMBC日興証券
ラックとNRI、クラウド向けMSSを提供する新会社を設立