Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

最大15万8000件の顧客情報が外部に売却 - セディナ

信販大手のセディナは、最大15万8248人分の同社顧客情報が、元委託先から外部へ不正に売却された可能性があることを明らかにした。

流出した可能性があるのは、OMCカード会員の顧客情報。氏名や生年月日、性別、住所、電話番号など個人情報が含まれるが、クレジットカード情報の流出については否定している。

同社では、2009年10月まで委託契約をしていた保険代理店事務の委託先関係者が持ち出し、売却した可能性が高いとしており、詳しい経緯など調査を進めている。

今回の流出に関連した個人情報の不正使用などは確認されていないが、不審な電話などへ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
バッグを売却した顧客氏名など流出 - バリュエンス
神奈川県HDD問題の情報提供者、復元データを物理破壊
売却されたハードディスク18台を回収 - 神奈川県
HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク
リース返却後の内部情報入りHDDがオークションに - 神奈川県
従業員による個人情報売却、国内顧客に影響なし - トレンドマイクロ
Trend Micro従業員が顧客情報を売却 - サポート詐欺に悪用
市有地売却先に用地取得関連の情報含む書類を置き忘れ - 大阪市
元役員による個人情報持ち出しが発生したDEXに行政指導